Requires a javascript capable browser.

ガイソー

コラム
外壁

外壁塗装でコスパの良い塗料は?高コスパで工事を進めるためのコツまで紹介

2024.02.01
住宅の外壁の寿命を保つために必要な外壁塗装。1回あたり100万円近くかかることも多く、決して簡単にできるものではありませんよね。外壁のメンテナンスはきちんとしておきたいけれど、お金はかけずにコスパ良く外壁塗装をしたいという方は多くいらっしゃいます。この記事では、実際に外壁塗装を施工している業者のプロ目線で、コスパ良く外壁塗装塗装をする方法を解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


結局いくら安く塗装できるの?

高いコスパで外壁塗装を進めるための3つのコツ

コスパ良く外壁塗装をするためには大きく3つのポイントがあります。それは、

・①コスパの高い外壁塗料を選ぶこと
・②工事の時期やメンテナンスのタイミングに気をつけること
・③業者選びは入念に選ぶこと

です。それぞれのポイントについてみていきましょう。

①コスパの高い外壁塗料を選ぶ

外壁塗装をする際は、さまざまな塗料の中から1つを選んで施工を進めていくことになります。その際、コストパフォーマンスの高い塗料を選ぶようにしましょう。安すぎると耐久性が低く数年後に再度外壁塗装をしなければいけないこともありますし、かといって耐久性を重視しすぎても値段が高くつきます。
まず最初は、ご自宅の状況に合わせたコスパの良い塗料を選ぶことから始めましょう。

②工事の時期やメンテナンスのタイミングも大切

外壁塗装工事をできる限り回数少なくするためには、外壁の状態をなるべく綺麗に保っておくことが大切です。1回あたりの施工期間を長くすることで、長い目で見て少ない回数で外壁塗装を済ませることができ、コストパフォーマンスが高くなります。
とはいえ一方で、数十年住み続ける家なら数回は外壁塗装をしなければならないタイミングがくることも事実です。その際、工事を依頼するタイミングは春か秋がおすすめです。下の段落にて、業者目線で見た最適な時期もあるのでチェックしておきましょう。

③業者選びは入念に

外壁塗装を施工する上で重要なのは業者選びです。業者の中には法外な費用を請求してくるぼったくり業者や、手抜き工事で済ませる業者などさまざまな悪徳業者がいます。悪い業者にひっかからず、優良業者にできる限り安い金額で工事を依頼するのもコスパ良く外壁塗装をするうえで重要になります。

結局いくら安く塗装できるの?

①【目的別】コスパの高い外壁塗料はどれ?

外壁塗装をする際に重要になるのが塗料選び。塗料にはさまざまな種類があり、塗料ごとに特徴や機能、料金は異なります。一概にこの塗料が良いというものはなく、お住まいのエリアやご自宅ごとに合わせてコスパの良い塗料は異なります。例えば、湿気の多いエリアだと防水・防カビ性が大切ですし、気温の低いエリアだと耐熱性が大切になってきます。ここでは、塗料ごとのメリットや利点を紹介しているので、ご自宅の状況に合わせた塗料を選ぶようにしましょう。

価格と耐久性のバランスの高さで人気なシリコン塗料

価格もそれほど高くなく、耐久性も高いコスパに優れた塗料がシリコン塗料です。シリコン塗料は主成分である合成樹脂にシリコンが含まれている塗料のことを指し、外壁塗装に使われる塗料としては長い間主流となっています。シリコン塗料は汚れが落ちやすい低汚染性と熱や紫外線に強い点が特徴であり、価格も平米単価1,800~2,000円とそこまで高くありません。色も豊富なので、困ったらまずシリコン塗料を軸に選ぶという方も多くいらっしゃいます。

ガイソーで紹介できるシリコン塗料

ガイソーではさまざまなシリコン塗料を取り扱っています。代表的なものはガイソーウォールマイティシリコン・タフネスシリコンです。従来のシリコン塗料の性能に合わせて、耐気候性・耐カビ性を有した塗料になっており、ガイソーで請け負う工事の中でも人気のシリコン塗料の1つになっています。なお、現在のご自宅で使われている塗料やお住まいのエリアの気候特性に合わせて細かくシリコン塗料の調合を変えたさまざまな塗料を用意していますので、比較検討したい方はほかの塗料も合わせてぜひご相談ください。

参考:ガイソーウォール マイティシリコン
参考:ガイソーウォール タフネスシリコン

価格の安さならアクリル塗料

価格の安い塗料を選び、とにかく総額を抑えたいという方はアクリル塗料がおすすめです。アクリル塗料とは、アクリル樹脂を主成分とする塗料であり、他の塗料に比べて費用が安く平米単価1,000〜1,300円ほどで工事をすることができます。費用は安い分耐久性は低く、耐用年数は3~6年ほどと少し短いため、定期的なメンテナンス・塗り替えが必要になる分長い目で見るとコストパフォーマンスはあまり高くはありません。短期的に外壁塗装をしてイメージチェンジしたい方や、DIYもこみで外壁塗装を考えている方は検討してみてください。

劣化が起きづらく近年人気なラジカル塗料

従来はシリコン塗料が主流でしたが、よりコスパのよい塗料として近年人気を集めているのがラジカル塗料です。塗料に含まれている顔料(酸化チタン)と紫外線が反応して塗膜の劣化を促進させるラジカルという反応を、防ぐことのできる塗料です。シリコン塗料よりも耐久性の高い点が特徴的ですが、シリコン塗料より少し高い(2,500〜3,400円)点と、まだまだ主流ではないので取り扱っている業者や職人が少ないという点がデメリットとして挙げられます。

ガイソーで紹介できるラジカル塗料

ガイソーでは、ガイソーウォールマイティフッソというラジカル塗料を取り扱っています。ガイソー独自の技術でラジカルを制御する成分が入っており、従来のラジカル塗料に比べてより耐久性・耐候性・防カビ性を保有する塗料です。下で紹介するフッ素樹脂も一部含まれており、フッ素塗料の恩恵も一部受けられる点がこの塗料最大の特徴です。

参考:ガイソーウォールマイティフッソ

耐久性ならフッ素塗料

耐久性を重視する方はフッ素塗料がお勧めです。フッ素樹脂が配合された塗料のため優れた耐候性・耐久性を誇り、マンションやビルなどの大型建造物でも使われることの多い塗料となっています。耐用年数が15〜20年と長い点は魅力的ですが、その分平米単価は3,000〜4,000円と少し高くなっています。とはいえ、耐久性が高い分長い目で見ると外壁塗装工事を少なく済ませることができるため、コストパフォーマンスで見ると高い塗料になっています。

ガイソーで紹介できるフッ素塗料

ガイソーでは、アヴァンセFクール・ガイソーウォールフッ素4Fといった塗料を用意しております。高耐候性、低汚染性はもちろん、ご自宅の見栄えを良くする高光沢性をほこる塗膜に仕上がるため、より美しい外観に仕上げることが可能です。さまざまな施工実績もご用意していますので、フッ素塗料での外壁塗装を検討されている方はぜひ一度相談してみてください。

参考:アヴァンセFクール
参考:ガイソーウォールフッ素4F

耐久性と景観をこだわるなら無機塗料

耐久性はもちろん、見栄えの良い仕上がりにしたい方は無機塗料がおすすめです。無機塗料は炭素を含まない無機物質を主成分とすることで変化しにくく、耐久性が高いのが特徴です。フッ素塗料と並んで耐久性が20年以上と非常に高く塗料の仕上がり性能も高いため、見栄えの良い外観に仕上げることが可能です。ただ、フッ素塗料と同様平米単価は4,000~5,500円程度と高くはなっていますので、長い目で見てコストパフォーマンスの良い塗料材になっています。

ガイソーで紹介できる無機塗料

ガイソーでは、ガイソーウォール無機 ACE、ガイソーウォール無機 Zといった無機塗料を用意しています。これらの塗料はガイソーの中でも最高品質を誇る塗料となっており、耐久性・防カビ性でトップクラスの性能を誇ります。なお、ガイソーウォール無機Zはフッ素成分も含んでいるため、フッ素塗料の機能も有しており、より高い耐久性を誇る塗料になっています。

参考:ガイソーウォール無機 ACE
参考:ガイソーウォール無機 Z

結局いくら安く塗装できるの?

②コスパ良く工事をするためのタイミングと時期

コスパ良く外壁塗装工事をするためには、そもそも外壁を綺麗な状態に保ち、工事回数を減らすことが大切です。そのうえで、実際に工事をする際にはコスパ良く施工できる時期もあります。ここでは、コスパ良く外壁塗装をするために知っておきたい、工事依頼のタイミングとおすすめの時期を解説していくので参考にしてみてください。

メンテナンスを定期的にしておく

自分でできるメンテナンスとしては、通気性の確保が挙げられます。外壁の周囲に物を置かないようにしたり、木を設置しないようにしたりすることで、外壁の通気性を確保しておくようにしましょう。外壁にとっての天敵は雨や水による湿気です。湿気がうまく乾燥しないことで塗料がすぐに劣化したり、場合によっては外壁の内側へ湿気が侵入して構造部分まで腐食してしまう可能性もあります。そのため、できる限り外壁の通気性を保っておくようにしましょう。
また、数ヶ月に1度掃除をするのもおすすめです。高圧洗浄機で外壁の埃や汚れをとっておくことで、外壁の劣化を遅らせることができます。

定期的に外壁診断もしておこう

数年に1度、メンテナンスのための相談をしておくのがおすすめです。外壁塗装は日々風や埃、日光の影響を受けて少しずつ劣化しています。その結果、見えない傷やヒビが発生していることもあり、放置してしまうと大きな劣化につながってしまうこともあります。劣化が小さいうちに補修をしておくことで、金額を抑えながら外壁を長持ちさせることができるようになります。

時期は春か秋だが、1年以上前には相談しておこう

外壁塗装を相談するタイミングは、春か秋がおすすめです。というのも、そもそも外壁塗装は
・雨、雪が降っている(外壁が濡れている)
・気温が5℃以下
・湿度が85%以上
・暴風、強風が吹いている
のいずれかを満たす場合には、うまく塗料が乾かず施行不良になってしまうため、工事ができません。つまり、夏や冬の時期はこれらの条件を満たしてしまうため、工事のできない日が続き工期が長引いてしまうと同時に、業者側も注意をしながら工事を進める必要があるため、施工品質が落ちてしまうこともあるのです。春か秋の時期はこれらの条件に該当しない人が多いため、工期を長引かせず施工を進めることができます。

③コスパ良くするための外壁塗装業者の選び方

続いて、コスパよく外壁塗装を進めるための塗装業者の選び方を紹介します。外壁塗装業者の中には悪徳業者も多く、悪徳業者に捕まってしまうと、高額な費用を請求されたり手抜き工事をされてすぐ数年後に再工事が必要になってしまうこともあるので、注意しておきましょう。

複数社から相見積もりをとっておく

外壁塗装工事を依頼する際は、業者への相談→見積もり作成→本契約の流れで進めることになります。すでに関係のある業者に依頼する場合は問題ありませんが、はじめて外壁塗装を行う場合は、どのくらいの金額が妥当なのか判断がつかないことも多いでしょう。
そのため、見積もりを取るタイミングで複数の業者に相談した上で相見積もりを取ることがおすすめです。複数業者の金額や内訳を確認しつつ、どのくらいの金額が妥当か客観的に判断することが可能になります。

助成金を利用する

自治体によっては、リフォームや外壁塗装・補修費用に補助金が出るところもあります。その自治体に住み続けること、住民票があることなど自治体によって条件はさまざまで自治体によって異なります。助成金額はおおよそ10~30万円ほどの費用であることが多く、外壁塗装の費用の一部を補填することができます。そのため、業者を選ぶ前にまずご自宅のある自治体で補助金や助成金がないかを確認しておくと良いでしょう。

保証制度の整った業者に依頼する

外壁塗装工事は、必ず完璧に綺麗に仕上がるとは限りません。どれだけ熟練した作業者でも時には施工不良をおこしてしまうこともあります。そんな時でも、保証制度の整っている業者だと再工事・再塗装を無料でお願いすることができるため安心して工事を任せることができます。
また、外壁塗装は工事終了後すぐに施工不良が見つかるわけではなく、工事終了後1~2年たったタイミングで、本来の耐用年数よりも短いはずなのに施工不良が見つかることもあります。そのため、ある程度の期間の保証が認められている保証制度の整った業者に依頼するのも良いでしょう。

キャンペーンや大幅値引きには注意しよう

大幅な値引きやキャンペーンをずっとおこなっている企業は注意が必要です。通常、外壁塗装は塗料代や工具代、人件費など原価がかかってくるためそこまで大きな値引きやキャンペーンによる割引をすることができません。それにもかかわらず値引きを行っているということは、原材料を少し廉価なものにしているか、手抜き工事を行って施行不良に陥る可能性もあります。

結局いくら安く塗装できるの?

まとめ

この記事では、コスパよく外壁塗装工事を進めるための方法を解説してきました。コスパよく外壁塗装をするためには、塗料の選び方や時期・タイミングの考慮、業者の選び方と大きく3つのポイントに注意しておく必要があります。数十年に1度の外壁塗装なので、コスパよく高品質で塗装を済ませたいという方は、ぜひこの記事の方法を参考にしてみてくださいね。なお、ガイソーでは、塗り替えが必要かどうか判断するための建物診断からおこなっていますので、工事が必要か不安な方はぜひお気軽にお問い合わせください。
関連コラム

外壁や屋根の塗装リフォームのポイント...

外壁や屋根の塗装は、家の美観を保つだけでなく、耐久性もアップさせる効果があります。しかし、いざ塗装をしようとする...
2024.02.02

【2024年】北海道で外壁塗装の助成金が...

この記事では、北海道の外壁塗装で助成金がでる市区町村をまとめて紹介してい ます。2024年1月現在、北海道内で助成金が...
2023.02.08

火災保険を賢く活用して外装リフォーム

 「火災保険を活用すると実質無料で外壁塗装が可能ですよ」 そんなことを業者から言われたご経験はありませんか。 ...
2021.09.19

外壁防水はなぜ必要?防水機能の低下を...

外壁の防水機能はベランダなどに行う防水工事ではなく、外壁塗装によって防水性を持たせるのが一般的です。   家は...
2023.03.09
YouTube ガイソーチャンネル
最適プランをご提案します!
外壁・屋根塗装のことなら
まずは、お気軽にご相談ください。
無料見積もりを依頼する
ガイソー全国受付窓口 受付時間 9:00~17:00
0120-578-032
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップ
> コラム
外壁
> 外壁塗装でコスパの良い塗料は?高コスパで工事を進めるためのコツまで紹介
最適プランをご提案します!無料見積もりを依頼する
0120-578-032
受付時間
9:00~17:00