Requires a javascript capable browser.

ガイソー

コラム
外壁

外壁塗装は2月に依頼できる?2月に依頼する際の工事の進め方をプロが解説

2023.12.13
外壁塗装工事が必要になったけれど、2月の寒い季節に塗装工事はできるの?と不安に思われる方も多いのではないでしょうか。結論から言うと、外壁塗装工事は1年中施工可能なので、2月でも工事を進めることはできます。ただ、気温や天候など気をつけておくべき点があるため、プロの視点から2月の外壁塗装工事の注意点やメリット、工事を依頼する際の進め方について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

わたしの家の外壁塗装はいくらかかる?

2月に外壁塗装はおすすめできない

まず初めにお伝えすると、2月は外壁塗装工事にあまりおすすめできない季節となっています。気候や天候条件など気をつけておくべき点が多く、冬の施工実績のない業者には難易度が高くなるためです。
緊急を要する外壁塗装工事でない場合は、あえて2月に工事を依頼する理由はそこまでないかもしれません。

6月〜9月と12月〜2月は外壁塗装に向いていない

外壁塗装工事は、6月〜9月と12月〜2月はあまりおすすめできません。というのも、新たに外壁に塗られる塗料が乾きづらくなっており、高度な技術をもって工事を進めないと施工不良に陥ってしまう可能性があるためです。そもそも、外壁塗装工事を行う際は、
・気温が5℃以上であること
・湿度が85%以下であること
・雨・雪が降っていないこと
・強風や台風などの影響がないこと
の4つの条件をすべて満たしている必要があります。逆に、1つでもいずれかの条件を満たしていない場合は、うまく塗料が硬化せず、短期的な施行不良につながってしまうため工事を進めることができません。
12〜2月は気温が5℃を下回る日が多かったり雪の降る日が多いため、工事をスケジュール通りに進めづらくなってしまいます。
また、6月は梅雨が多くそもそも工事できる日が少ないこと、7〜8月は気温が高く、工事中に家の窓を開けられないため過ごしづらくなってしまうことから、工事に向いていない月になっているのです。

外壁塗装は10〜11月がベストシーズン

外壁塗装工事を依頼する際は、10月〜11月が最も良い時期になっています。天候、気候条件が整っており、雨や雪などの気候になることも少なく、気温もちょうど良い気温で外壁材が乾燥しやすいためです。そのうえ、工事中に家の周りをネットで覆っても過ごしやすい気候なのがこの月の特徴です。そのため、工事業者も工期のスケジュールを組みやすく、施工自体も高品質に仕上げられる可能性が高まります。
そのため、今すぐの施工が必要でない場合は10月・11月に工事を依頼することがおすすめです。なお、10月と11月は工事に人気な時期でもあるため、3~6ヶ月前くらいから工事時期のスケジュールを相談しておくことがおすすめです。

わたしの家の外壁塗装はいくらかかる?

2月に外壁塗装をするメリット

2月はあまり外壁塗装工事に向いていない月であると説明してきましたが、逆に2月だからこそのメリットもあります。ここで詳しくみていきましょう。

閑散期なので、費用を抑えられる可能性がある

2月は外壁塗装業者にとって閑散期なので、少しでも多くの工事を施工して売上を上げたいという気持ちの強くなる時期です。そのため、多少の価格交渉や値引き交渉のしやすくなる時期であるという特徴もあります。施工業者から見積もりをもらう際には複数業者からもらっておき、他社の見積もりを出して交渉材料として価格交渉をすることで、値引きをしてもらえる可能性が上がります。

希望のスケジュールを抑えやすい

2月は閑散期であるため、塗装業者側もあまり工事の予定が入っていないことが多くあります。そのため、比較的希望のスケジュール通りに工事をしてもらいやすいというのがこの時期に外壁塗装工事を依頼するメリットです。雪や気温の影響で工事時間が長くなってしまうこともありますが、スケジュール自体は希望の時間で抑えやすい点が特徴的です。
また、閑散期であるため腕の良い職人さんが空いていることもある点もメリットであると言えるでしょう。

わたしの家の外壁塗装はいくらかかる?

2月に外壁塗装をおこなう際の工事の依頼の進め方

ここでは、2月に外壁塗装工事を依頼する際の工事の進め方について解説していきます。冬の外壁塗装とだけあって不安な方も多くいらっしゃるかもしれませんが、ここで抑える点が工事内容に含まれているか、確認しながら工事を進めるようにしましょう。

余裕を持った工期を組む

2月の外壁塗装工事は、気温や天候の影響で工期が伸びてしまうことが多々あります。そのため、月間・週間の天気予報をみつつ余裕を持ったスケジュールを組んでもらう必要があります。もし2月の外壁塗装工事でも、通常の時期に行うスケジュールと同じ期間で組まれている場合は、そのスケジュールで伸びることはないのか業者に確認しておきましょう。
最悪の場合、工期に間に合わせるために無理やり工事を進めてしまい、1~2年ですぐに施工不良になってしまう可能性もありますので注意しておきましょう。

2月の施工実績のある業者に依頼する

2月の外壁塗装工事の実績のある業者に工事を依頼するというのも1つのポイントです。2月は天候や気候の様子と相談しながら、慎重に工事を進めていかないと施工不良に繋がってしまう可能性もあります。施工実績のある業者だと、以前工事した際の注意点を踏まえながら工事に活かしてくれるため、より精度の高い工事を任せることができます。
特に、お住まいの地域で冬に施工した実績のある業者だと、よりその地域に合わせた特徴を踏まえて工事を進めてくれるので、地域別に実績を探すのも良いでしょう。

相見積もりをとって費用の交渉をする

2月は閑散期なので、費用を抑えて工事を依頼しやすい時期です。そのため、複数の業者から見積もりをとった上で、最も費用対効果の高い業者に依頼することも可能です。また、1つの見積もりを別の業者に見せつつ、価格交渉をすることも可能です。
ただ、大幅に値引きをしてくる業者や相場と比較して大幅に安い業者は、手抜き工事や廉価な素材での工事をしてくるところもあるため注意が必要です。

保証制度の整った業者に依頼する

冬の施工は高い技術が求められるため、どうしても施工不良に繋がってしまうケースもわずかながら発生します。そんな時でも保証制度の整った業者だと、仮に耐用年数よりも大幅に短い期間で外壁が劣化した際に、無料で追加工事をしてもらうことが可能です。5年保証や10年保証など、業者・使用する塗料によって保証年数は異なりますが、極力この保証制度が整った業者に施工を依頼することがおすすめです。

わたしの家の外壁塗装はいくらかかる?

まとめ

この記事では、2月に外壁塗装工事を依頼する際の注意点やメリット、2月以外に外壁塗装工事をする場合のおすすめの季節について紹介してきました。2月は外壁塗装工事をする上でそれほど気温や天候条件がよくありませんが、スケジュールさえ気にしなければ費用を安く抑えられるためおすすめの季節になっています。ガイソーは2月の外壁塗装工事も豊富な実績がありますので、ぜひこれから外壁塗装工事を検討されている方は参考にしてみてください。
関連コラム

【2024年】兵庫県で外壁塗装の助成金が...

この記事では、兵庫県の外壁塗装で助成金がでる市区町村をまとめて紹介しています。2024年1月現在、兵庫県内で助成金が...
2023.02.08

金属系サイディングとは?特徴や耐用年...

金属系サイディングは外壁材の一種であり、軽量でスタイリッシュなデザインであることなどから人気が高まっています。 ...
2023.03.09

【2022年】埼玉県で外壁塗装の助成金が...

この記事では、埼玉県の外壁塗装で助成金がでる市区町村をまとめて紹介しています。なお助成金が出ない地域でも、外壁...
2022.12.02

ALCパネルの種類と特徴とは?メリット・...

ALCパネルは外壁材として用いられており、耐久性の高さや軽量であることなどが魅力です。 これから新築を建てたり、リ...
2023.03.15
YouTube ガイソーチャンネル
最適プランをご提案します!
外壁・屋根塗装のことなら
まずは、お気軽にご相談ください。
無料見積もりを依頼する
ガイソー全国受付窓口 受付時間 9:00~17:00
0120-578-032
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップ
> コラム
外壁
> 外壁塗装は2月に依頼できる?2月に依頼する際の工事の進め方をプロが解説
最適プランをご提案します!無料見積もりを依頼する
0120-578-032
受付時間
9:00~17:00
無料30秒!私の家の外壁塗装はいくら?
見積りを依頼する