Requires a javascript capable browser.

外壁・屋根リフォームをするならお任せ下さい!住まいの外装リフォーム専門店 GAISO(ガイソー)

ガイソーについて はじめにお読みください 会社概要 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼 メール相談 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 天窓をご検討中の方必見!知っておくべきポイントをカンタン解説
外壁・屋根
リフォームコラム
HOW TO?豆知識
2021年12月15日

天窓をご検討中の方必見!知っておくべきポイントをカンタン解説

 

窓は、ご自宅を快適な空間にするために欠かせないものです。
一口に窓といってもその種類は様々で、壁に取り付けられた窓は側窓、屋根に取り付けられた窓は天窓と呼ばれています。

そんな天窓は、近年設置を検討される方が増えており、人気が高まっている設備です!
しかし、天窓はメンテナンスが大変そう・・・と言うイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

また実際に設置を検討されている方は、天窓の特徴や設置後のメンテナンスについてなど、天窓に関する不安を解消しておきたいですよね?
そこで今回は、天窓の特徴やメリット・デメリットについてご紹介させて頂きます。

天窓の設置を検討されている方の、参考になれば幸いです!

天窓を設置するといいところがたくさん?天窓設置のメリット!

天窓の最大の魅力といえば、お家の中を明るくできる採光の良さです!
側窓では周辺の建物によって日光が遮られてしまう場合や、設置された場所によっては日光が入りにくい場合があります。
しかし、日光が多く当たる屋根に設置されている天窓からは、強い明るさを得ることができるのです。

天窓は、側窓のおよそ3倍の光を取り込むことができ、さらに天井から光が入ってくるため、室内を広範囲に明るく照らしてくれます。
また、採光効率の高い天窓があれば、屋内に居ながら日光浴も可能です。

日光には、体内時計を整える効果や、うつ病の予防などにも効果的とされています。
天窓を設置することによって、室内の環境だけではなく、住人の健康面でもメリットを与えてくれるのです。

また、天窓には、お部屋を明るくするだけではなく、通気性を良くしてくれる効果もあります。
暖かい空気は上昇する性質があるので、天窓を設置することによって、上昇した空気を効率的に換気することができるのです。
お部屋の空気が新鮮だと、外出する機会が少ない時でも食事の匂いが籠ったりせず快適な環境で過ごすことができますね。

このように、天窓には健康面やお家の快適さを高める面において、様々なメリットがあります。

天窓を設置するとここが大変!天窓設置のデメリット!

天窓を設置することのメリットをご紹介させて頂きましたが、一方で天窓のデメリットが気になる方も多いのではないでしょうか?
ここでは、そんな天窓のデメリットをご紹介させて頂きます。

先ほどは、天窓の設置によって日光を多く取り込めるというメリットを、ご紹介させて頂きました。
ですがその反面、日光を多く取り込みすぎてしまい、暑いと感じることもあります。
特に、夏場は室内に居ても日焼けをしてしまうことがあるほど、強い日差しが家の中に差し込んでくることがあります。

そこで季節や天気によっては、対策として遮光カーテンや遮光ブラインドの設置を、検討しておくと良いでしょう。

また、夏の暑さだけではなく、冬の結露も天窓を設置するうえで考慮が必要です。
外気によって冷やされた窓に、室内の暖かい空気が触れることで発生する結露は、放置しているとカビの原因になりかねません。
そのため、結露対策は必ず必要です。

最近の天窓なら、断熱性のいい製品や、ペアガラスなどを採用した製品が数多くあり、天窓自体に結露対策が施されている場合もあります。
よって天窓を選ぶ際は、このような付加価値のある製品を中心に、検討されることをオススメします!

天窓はどれくらいの頻度で定期点検が必要?

雨や雪、日光に晒され続けている天窓は、側窓よりも劣化しやすいと言えます。
そのため、メンテナンスを怠ってしまうと、雨漏りの発生や窓のひび割れなどのトラブルが発生してしまうことがあります。

天窓のメンテナンスサイクルは10年ごとが目安です。
10年目のメンテナンスでは、下地枠やパッキンの劣化状況を確認します。
この下地枠やパッキンに劣化が生じていると、雨漏りの原因となってしまいます。

そのため、劣化が発生する箇所を確認し、必要に応じて補修を行いましょう。
20年目のメンテナンスでは、より細かくチェックを行い、状況次第では天窓の交換も検討すると良いでしょう。
天窓の寿命は、おおよそ25年とされています。

20年目のメンテナンスでは、様々な箇所で劣化の症状がみられるかもしれません。
そして、30年目のメンテナンス時には、天窓の交換をオススメします。
経年劣化によるトラブルは、メンテナンスを定期的に行っていても、どうしても生じてしまいます。

特に、寿命を迎えた天窓は、雨漏りなどのトラブルが発生しやすい状況であると考えられます。
ですから、雨漏りなどのトラブルが発生する前に、適切なメンテナンスを行いましょう!

またメンテナンスを行うタイミングで、専門業者には天窓が設置されている屋根の劣化状況についてもご相談されることをオススメします。

天窓は設置した方がいいの?

天窓には、お部屋を明るくして空気の循環を良くするメリットと、日差しによる暑さや冬の結露といったデメリットがあるため、一概に良いか悪いかの判断することは難しいですよね。
そう言ったこともあり、屋根に天窓を設置するか悩まれている方が多いのではないかと思います。

天窓には、様々な特徴がありますが、設置を検討される場合は、まずはご自身のライフスタイルを考慮して、ご検討されることをオススメします。
しかし、設置金額やメンテナンス費用がわからなければ、具体的に検討することができません。

そこで、天窓の設置にお悩みの場合は、屋根工事などの実績が多い専門業者へ相談することをオススメします!
専門業者であれば、設置にかかる費用や設置後のメンテナンス費用などの相談に乗ってくれることでしょう。
もちろんお住まいの地域によってもおすすめプランは変わると思われます。ですから自宅の環境に合った天窓を設置することで「天窓を設置して良かった」と感じることができるはずです。

天窓の設置にお悩みの際は、信頼できる専門業者に相談してみましょう!

まとめ

今回は、天窓の特徴やメリットとデメリットについて、ご紹介させて頂きました。
天窓は見た目もオシャレでお部屋の中を明るくしてくれますが、その一方で遮光設備の検討や定期的なメンテナンスが必要になります。
天窓のメンテナンスサイクルでもある「10年」と言うのは、ちょうどお住まいの外装(屋根や外壁など)のメンテナンスをご検討され始める時期でもありますから、天窓のメンテナンスだけでなく屋根や外壁も一度にご検討されると良いでしょう。なぜなら足場費用等が複数かからず、コストパフォーマンスの良い工事が実現できるからです。
まずは、ご自身のライフスタイルに天窓のある生活が向いているのか、考えてみてくださいね。


関連コラム
メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!