Requires a javascript capable browser.

ガイソー

コラム
外壁

外壁塗装の目的とは?最適なタイミングを解説

2024.04.28
外壁塗装、果たして本当に必要なのでしょうか?

それとも、ただの無駄遣いなのでしょうか?

お家の美観を保つだけでなく、さまざまなリスクから家と家族を守るための「外壁塗装」ですが、目的を語るとなると、多くの人が具体的な答えを持っていないかもしれません。

ここでは、外壁塗装の目的と、塗り替えのタイミングについて詳しく解説します。

本記事を読むことで、あなたにとっての最善の選択が見えてくるはずです。

外壁塗装の目的


外壁塗装と聞くと、外観を変えるだけの工事と思われる方もいるかもしれませんが、外壁塗装は、見た目を一新するだけではありません。

実は、家の劣化を遅らせ、寿命を延ばし、さらに遮熱効果や防水効果などもあります。

ここでは、外壁塗装の目的を4つ紹介します。


美観を保持する
耐久性を向上させる
断熱・遮熱性を向上させる
防汚性を向上させる

美観を保持する

外壁塗装は家の美観を保つのに役立ちます。

色や質感を変えることで、家の印象を大きく変えることが可能です。

また、従来の外壁色と異なる色に変更することで、新しい雰囲気を取り入れることもできます。

耐久性を向上させる

外壁塗装は建物を雨や風、紫外線などから守ります。

さらに、劣化を防いで耐久性を向上させ、建物自体の寿命を延ばす役割があります。

つまり、外壁塗装はお家の鎧のようなもので、壁の保護機能を強化するために施されます。

断熱・遮熱性を向上させる

外壁塗装による断熱・遮熱効果は、室内の温度上昇・低下を軽減できるため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
これにより、冷暖房の効果が高まり、電気代の節約や省エネにつながります。
また、外壁は外光を受けやすく、紫外線などのダメージを受けやすいですが、塗装を行うことで光が反射し、長期間外壁を守ることができます。

防汚性を向上させる

外壁塗装は外壁を清潔に保ち、美観を維持するために役立ちます。

多くの塗料には防汚性があり、外壁が汚れにくくなるので、美しい壁面を長く楽しめます。

外壁塗装を怠ると起こりえるリスク


先ほどは、外壁塗装の目的をお伝えしました。

ここでは、外壁塗装を怠ると起こりえるリスクを解説します。

建物の劣化が早まる
雨漏りが起きやすくなる
大規模工事が必要になる

建物の劣化が早まる

外壁塗装は外壁を損傷から守ります。

怠ると、外壁が劣化し、ひび割れや剥がれなどの問題が発生します。

以下は、劣化症状の原因と対策です。

症状 原因 対策
ひび割れ(クラック) 外壁の素材や塗料の劣化、地震や台風などの自然災害 ひび割れの大きさや深さによって、補修方法が異なります。軽度な場合は塗料で、深刻な場合は外壁材の交換が必要になることがあります。
色あせ 紫外線や雨風などの影響 塗り替え
チョーキング 塗料の劣化 塗り替え
塗膜剥がれ 塗料の劣化、外壁材の劣化など 剥がれた部分を除去し、塗り替え
カビや藻 カビや藻などの菌類の付着 カビや藻を除去し、塗り替え
錆び 鉄製の外壁材の劣化、もらい錆び 錆びを除去し、塗り替え

雨漏りが起きやすくなる

外壁塗装は、建物を雨水から守るために必要です。

外壁にひび割れが発生している場合、そこから雨水が侵入することもあります。

また、外壁の塗膜の防水性能も約10年程度で低下するため、定期的なメンテナンスが必要です。

大規模工事が必要になる

外壁塗装を怠ることでさまざまな問題が発生し、大規模な工事が必要になるケースがあります。

以下では、その影響について詳しく解説していきます。

木材に影響する


木材は天然素材のため、塗料で保護しなければ雨や細菌の影響で劣化し、木材組織の弱体化に繋がります。

ただし、木材を保護するために施された塗料は、通常の外壁塗料に比べて劣化しやすいため、定期的なメンテナンスを行う必要があります。

メンテナンスを放置すると、紫外線や雨、風、空気中のゴミなどによって腐ったりカビが生えたりするので注意しましょう。

金属に影響する


金属の最大の敵は錆であり、水分がその原因となります。

汚れや苔・藻、カビは錆の原因になるため、定期的に清掃する必要があります。

ジョイント部分やサッシとの取り合い部分のコーキングが劣化して、隠れた部分の金属が錆びます。

また、切断・加工された側面は錆びやすい傾向があるため、特に注意が必要です。

電気設備に影響する


電気配線系統は絶縁処理が施されていますが、絶縁体と配線の隙間に水が入ると、漏電する危険性があります。

漏電は人体への感電や火災など、取り返しのつかない大事故につながる恐れがあります。

これは雨漏りによる可能性が高く、塗装メンテナンスを怠ることで電気設備の故障にもつながります。

健康に影響する


建物内部の湿度が高まり、カビが発生しやすい環境になることで、健康被害やアレルギー反応につながるリスクがあります。

特にシンナーなどの塗料を使用している場合は、シックハウス症候群になる可能性があります。

健康を守るためには、定期的な塗装メンテナンスが必要です。

シロアリなどの有害生物が発生する


雨漏りによる湿気は、シロアリやダニなどの有害生物の繁殖を促進します。

特に、シロアリの発生は高額な費用が発生する可能性が高く、駆除やリフォームなどの大規模な工事が必要です。

ただし、外壁を塗装するだけではシロアリの侵入を完全に防ぐことはできません。

ひび割れや隙間が開きづらくなることによって、シロアリが侵入しにくい状態を保つことはできますが、侵入が完全に防げるわけではありません。

シロアリの対策としては、床下への薬剤散布がおすすめです。

外壁塗装を実施するタイミング


ここで紹介する、劣化症状が発生している方はします。

また、詳しい外装リフォームの費用については、「外装リフォームとは?メリット・デメリットや費用相場を解説」の記事で紹介しています。

築年数による塗装のタイミング

新築の場合は10年ほどで外壁塗装が必要になります。

ただし、外壁材の種類や劣化の進行具合によっては、築10年でもまだ塗装が不要な場合もあります。

また、二度目の外壁塗装の場合は、前回の塗料の種類によって、必要な年数の目安が変わります。

劣化の症状による塗装のタイミング

劣化症状ごとに塗装のタイミングは違います。

ここでは、症状ごとの塗装のタイミングを紹介します。

変色・退色・ツヤ引けの場合

経年劣化により徐々に変色・退色・ツヤがなくなっていきます。

しかし、ツヤがなくなったからといって、すぐに塗装をする必要はありません。

たとえば、外壁の状態が良好で、ひび割れ等がない場合や、塗料の種類によってはツヤがなくなるのが早い場合もあります。

チョーキング現象・白亜化の場合

チョーキング現象・白亜化の症状が見られたら、早めに外壁塗装をしましょう。

チョーキング現象・白亜化とは、塗料の表面が白っぽくなり、粉状に剥がれ落ちる現象です。

これは、塗料に含まれる顔料が劣化し、表面に浮き上がってきたためです。

チョーキング現象・白亜化が起こると、外壁の防水性が低下し、雨水が浸透しやすくなります。

また、ひび割れや剥がれの原因にもなります。

藻やカビの繁殖の場合

外壁に藻やカビが発生した場合は、すぐに外壁塗装をする必要はありませんが、早めに除去する必要があります。

藻やカビを放置しておくと、外壁の劣化を促進し、ひび割れや剥がれの原因となります。

また、藻やカビは雨水や湿気を吸収し、外壁の腐食を加速させます。

藻やカビを除去するには、スポンジでこすり落とすか、市販の除藻剤や除カビ剤を使用すると効果的です。

クラック(ひび割れ)の場合

外壁にひび割れが生じている場合は、防水性能が切れているので、早めに外壁塗装することをお勧めします。

小さなひび割れでも、放置しておくとさらに大きくなり、雨水や害虫の侵入を招く恐れがあります。

また、ひび割れが広範囲に広がると、外壁の見た目が悪くなってしまうこともあります。

塗料には防水性や防腐性があるため、外壁を保護し、長持ちさせられます。

錆びの発生の場合

錆びには赤錆びと白錆びがあります。

赤さびは、鉄が酸素と水分と反応して生成される錆です。

白さびは、鉄が酸素と水分と反応した後、さらに酸素と水分と反応して生成される錆です。

錆びが発生する原因は、外壁の近くに金属製のものを置いておくことでの「もらい錆び」と、劣化による錆びの発生です。

錆びを放置すると壁に穴が空く場合があります。

錆びを落としたあとは、防錆剤や錆止め塗料などを使用し、錆びの再発を防ぎましょう。

外壁塗装の季節ごとのメリットとデメリット


季節 平均気温 平均湿度 メリット デメリット
春(3〜5月) 15℃ 71% 気温・湿度ともに安定しているため、スムーズな施工が可能。 春雨前線によって工期が延びる可能性がある。
夏(6〜8月) 25℃ 78% 晴れた日が多く空気も乾燥しているため、スムーズな施工が可能 梅雨前線によって工期が延びる可能性がある。
秋(9〜11月) 19℃ 75% 天気のよい日が多く、空気が乾燥して安定した施工が可能。 秋雨前線により工期が延びる可能性がある。
冬(12〜2月) 6℃ 55% 降雪地域以外は湿度が低く乾燥しやすいため、塗り替えにおすすめ。 気温が5度以下になると作業が進められない可能性がある。
引用:気象庁|過去の気象データ検索

塗料の硬化や乾燥にベストな気候条件は、気温15~30°C、平均湿度75%以下です。

このことから、気温・湿度ともに安定している春の3〜5月と秋の9〜11月がベストシーズンです。

気温が5℃以下、湿度85%以上である場合、塗料が乾かない、塗膜の浮きが起きるので避けましょう。

外壁塗装をお考えの方はガイソーにお任せください


この記事では、外壁塗装の目的と、実施するタイミングについて解説しました。

外壁塗装の目的は、家の外観を美しくするだけでなく、ひび割れを防ぎ、耐久性を向上させるために重要な役割を果たします。

また実施するタイミングは、新築の場合は、10年ほどで塗装が必要になります。

季節的には、空気が乾燥している3〜5月、もしくは9〜11月に行うのがベストです。

外装塗装をお考えの方は、多くの実績があるガイソーにお任せください。

ガイソーでは、無料の見積もりから、メール・オンラインの相談を受付けています。

\施工実績48,000件以上!/
ガイソーの詳細を確認する>>
関連コラム

【2024年】静岡県で外壁塗装の助成金が...

 この記事では、静岡県の外壁塗装で助成金がでる市区町村をまとめて紹介しています。2024年1月現在、静岡県内で助...
2023.02.13

【2024年】東京都で外壁塗装の助成金が...

この記事では、東京都内で外壁塗装の助成金が出る市区町村をまとめて紹介しています。申請期間や支給条件、支給金額まで...
2022.11.30

外壁塗装は2月に依頼できる?2月に依頼...

外壁塗装工事が必要になったけれど、2月の寒い季節に塗装工事はできるの?と不安に思われる方も多いのではないでしょう...
2023.12.13

【危険】アスベスト(石綿)が含まれる...

断熱性や耐火性に優れた建築材料として、明治頃から広く使用されていたアスベスト(石綿)。健康被害が指摘され、現在で...
2024.02.02
YouTube ガイソーチャンネル
最適プランをご提案します!
外壁・屋根塗装のことなら
まずは、お気軽にご相談ください。
無料見積もりを依頼する
ガイソー全国受付窓口 受付時間 9:00~17:00
0120-578-032
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップ
> コラム
外壁
> 外壁塗装の目的とは?最適なタイミングを解説
最適プランをご提案します!無料見積もりを依頼する
0120-578-032
受付時間
9:00~17:00
無料30秒!私の家の外壁塗装はいくら?
見積りを依頼する