Requires a javascript capable browser.
日本外装リフォームネットワークGAISO(ガイソー)加盟店募集トップページ小川コラム > 人材採用難に対応するには 自社を大きく変革する必要アリ

COLUMN

ガイソーグループ
代表レポート

Vol.96   2022年12月
人材採用難に対応するには 自社を大きく変革する必要アリ

皆さん今年はどんな年だったでしょうか?
直営店の商圏では例年に比べ反響数が多くバブルの様相を呈した一年であったと総括しますが、皆さんの会社はしっかりと業績アップを果たすことができたでしょうか?
現時点では戦争に円安に物価高にと世の中は大きく動いていますが来年も私たち外装リフォーム業界にはさほど影響もなく忙しい一年になると想定しています。
確実に流れに乗れるようにしっかりと準備をして新年に突入しましょう。

自社を魅力的に見せるには

さて、求人倍率は10月末時点でコロナ前の水準を超え、超売り手市場に逆戻りしました。
少子高齢化による労働人口減少のスピードは凄まじく、当面この流れは変わりません。
ですから私たちはこの先ずっと人不足と採用難と戦っていかねばならないことを認識するべきです。
私たちは労働集約型のビジネスをしています。
これは営業マンの人数に比例して売上げが上がることを意味しますので、如何に人を集めるのか、また如何に離職を減らし組織拡大をしていけるのかが最重要課題となります。
リフォームを必要とするストック需要は膨大に存在します。
だからこそ、人を得て組織を拡大することができれば業績は拡大します。
そのためにどうするかといえば、至極当たり前のことを言います。
自社を求職者から見て魅力的な会社にすればいいのです。
流行らないラーメン屋は、ラーメンの味がまずいのです。
「まずいラーメン屋」は「旨いラーメン屋」になれば流行るのです。
それをしないから力尽きて店が潰れてしまうのです。
人が集まらないのは求職者から見て働きたいと思える魅力が足りないからなのです。
具体的に改善して魅力を増す以外にありません。
自社に面白さやカッコよさなどの分かりやすい魅力を加味してみるとか、高い価値や技術を徹底的に磨き込んで発信していくことも良いでしょう。
また、具体的に評価制度を作り上げ、賃金との連動を図ることも良いでしょう。
その結果、他社に比べ明らかに働きやすいということや、稼ぎやすいという特徴を作るのです。
働き手から見て仕事が不明瞭であれば人は集まりません。
自分の人生を賭けてまでトライできる魅力的なキャリアプランを用意するのです。

人材を獲得するには個性を打ち出す

現在、無数の求人広告が氾濫する中、休職者は選びたい放題です。
しかし、同じような求人広告ばかりで全く特徴や個性が際立っていません。
言うなれば、目立っていないのです。
求職者から見て明らかに違いを感じる仕事を打ち出せば必ず目にとまります。
私たちは気がつきます。
仮に朝の通勤時間の大混雑の品川駅の中でも背の高い白人の外国人が向こうから歩いてきたら不思議とすぐに目にとまるはずです。
同様に膨大な情報の中からでも魅力ある企業というのは必ず目にとまるのです。
だからこそ、広告費をかける前に、広告をかける会社自身の中身を魅力的にしないと応募は来ないのです。
賃金や休日など 待遇面においても、業界平均よりも圧倒的に高いくらいでないと自社には人は集まらないかも知れません。
今の時代様々な働き方があります。
業界の垣根を越えて、様々な年齢の人が働きやすく、楽しくて遣り甲斐を感じるような会社に変えてみませんか。
今までの常識にとらわれず、ぶっ飛んだくらいの会社にして みた方が業績は上がる可能性があります。
「まずいラーメン屋」を辞めて「個性的で美味しくて映えるラーメン屋」にすればきっと話題となり行列ができる人気店になることでしょう。

VCへのご加盟は、エリア制であり事前審査が必要なことから、ご加盟を希望 していただいてもご期待に添いかねることがございます。 あらかじめご了承ください。

Copyright (c) GAISO GROUP. All rights reserved.

arrow_drop_down_circle