Requires a javascript capable browser.
代表レポート
外装業界を切り開く
小川コラム
ガイソーグループ代表 小川 博司
(株式会社 オリバー代表取締役)
Vol.83   2021年11月

業界のプラットフォームを作ることの意義


  秋の繁忙期が到来!私のいる足立店でも沢山の反響があり毎日受注が続いて、有難い限りです。
集客と売り上げに困らないと不思議と様々な悩みが消えていきます。
しかし、このような良い状況というのは地道にこの一年の積み重ねがあってこそ。
油断すると良い流れなどすぐに崩れます。
お客様にご満足いただくために確実で正確な仕事をし、協力業者とも信頼関係を積み重ねていくことが大切です。
忙しさの中、社員達も確実に成長を遂げてくれたらと期待してしまいます。そんな中で大切なことは、目的を見失わないことです。
ただ売り上げが上がれば良いわけではなくお客様の喜びや、その過程全てを楽しみながら働くということです。
本来仕事は楽しいものです。
よりカッコよく充実しながら仕事したいものです。
苦しみのある忙しさの先には未来が見えません。
仕事を楽しみ全ての仕事が会社と自分の明るい未来やキャリアアップに繋がる。
そう考えるととても仕事に意義を感じられますしワクワクしながら働くことができますね。

ガイソーグループ100店舗達成

さて、ガイソーグループはついに全国100店舗を達成しました。
少し時間はかかりましたが発足当初の目標の一つを達成したことに嬉しさを感じます。
ガイソーは日本の住宅を守るための安心安全のブランドになること、日本の外装リフォーム業界を牽引する有力なナンバーワンブランドになることを目指してきました。
結果的に外装リフォーム業界のプラットフォームとなり業界全体に貢献することができたと考えます。
それも全国の93社の優良なパートナーと共に外装リフォーム事業のブラッシュアップに取り組んできた結果であると感謝の気持ちでいっぱいです。
各地域で今後も「STRONG HUNDRED」をテーマに力強い経営を実現できるように皆でトライしていきましょう。

リフォーム業界のプラットフォーム

また、住宅リフォーム業界全体で考えると業界自体の成長が問われています。
ほとんどの会社が中小企業であり10人以下の事業所です。
経営資源不足から満足できる体制を構築できていない会社がほとんどであると思います。
そして情報不足も大きな要因となります。
目先の忙しさから作業に追われ自社の成長に繋げられていないケースが多いのです。
本当に有益な正しい情報を得て会社の変革を進めるため優先順位の高い事項から改革を推し進めていく必要があります。
この度、ガイソーとは別に株式会社オリバーは今までもお付き合いをしてきた「センリョク」へ出資し事業参画することとなりました。
こちらは外装に留まらず、リフォーム事業として業界のプラットフォームを作り全国の膨大なリフォーム会社に参画してもらうことを目的にしています。
有力企業のノウハウを活かし取り入れていくことでスピーディーに成長に繋げられる会社も増えると思います。
自社の培ってきたノウハウを発信するとともに全国のリフォーム会社と有機的に繋がりを持っていけることにも様々な可能性を感じます。
ガイソーグループのご加盟店様におかれましても外装リフォーム×総合リフォーム(水回り・内装・増改築等)へ進化させることが10億円に到達するためには絶対に必要になると思います。
2〜4億円を突破された方は少しずつ総合リフォームに取組む時期が来ると思います。
是非GAISO ×センリョクをご検討いただければ面白いと思います。

footer_flow
年間売上2.4億円は決して難しい数字ではありません。年間売上2.4億円は決して難しい数字ではありません。
まずはオンラインセミナーに
ご参加ください

大手にも負けない競争力のある外装リフォーム専門店としてスピーディーに事業が立ち上げられる、
ガイソーブランドの強みと外装リフォーム事業の魅力・収益性について解説!!

Copyright (c) GAISO GROUP. All rights reserved.
pagetop

Copyright (c) GAISO GROUP. All rights reserved.