Requires a javascript capable browser.
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 話題の塗料『ガイナ』ってどんな塗料なの?
外壁・屋根リフォームコラム
話題の塗料『ガイナ』ってどんな塗料なの?
2018年04月25日
 


最近よく聞く遮熱塗料という言葉。実はこの言葉の普及の裏には、都市部において気温が周辺部に比べて高くなる「ヒートアイランド現象」の顕在化や、それに伴う都市型集中豪雨(ゲリラ豪雨)発生などの影響を受けています。ヒートアイランド現象による温暖化は、夏場の空調使用による排熱によって更に外気温度を上昇させることになり、状況は悪循環に陥っているという見方もあります。このようなヒートアイランド現象を抑制すべく自治体では様々な取り組みを行っており、その一環として外装リフォームに遮熱塗料の使用を推進している地域もあります。今年の夏、暑さでヒドイ思いをされた方は来年の夏を迎える前に是非遮熱塗料を採用した外装リフォームをご検討してみてはいかがでしょうか?


1.ガイナ(GAINA)という遮熱塗料

遮熱塗料業界の中でも効果に定評のあるガイナ。このガイナに含まれるセラミック成分が遮熱だけでなく断熱にも効果があるとして、今では様々なところに普及しています。ガイナは特殊セラミック層で構成されており、この特殊セラミックの周辺温度に適応する性質が外壁や屋根に降り注ぐ日差しの熱の均衡化と移動を抑えます。遮熱塗料とは一般的に太陽の近赤外線を効率よく反射することで日差しの「熱」の影響を低減させる効果を持った塗料のことを指します。ですから必然的に熱を吸収しにくい白色や銀色は遮熱効果が高いので、ガイナのカラーバリエーションもそれに伴い白色を基調とした爽やかなカラーラインナップとなります。

 




2.ガイナの凄いところ

ガイナにはたくさんの長所があります。遮熱、断熱効果による暑さ対策と寒さ対策だけでなく、結露防止や空気質改善効果、騒音対策にも効果があると言われています。これから迎える冬の季節には、外部からの冷気を遮り、室内の温度を外に逃がさず、夏には日差しの熱を反射、放射するので建物内部に熱を侵入させません。ちなみに、遮熱、断熱効果のあるガイナがなぜ騒音や空気質改善に効果があるかと言うと、ガイナの塗布面には音を効率よく反射し振動を抑える効果があることや、ガイナ塗布面が継続的に出す遠赤外線で空中のプラスイオンをマイナスイオンに変換し、嫌な臭いと結合し落下するからです。




3.内装にもガイナ

ガイナは環境にも優しい水性塗料です。内装用のガイナは室内空気環境の安全性の目安となるF☆☆☆☆も取得しています。住まいの壁や天井、窓、押し入れの中など、私たちの生活の様々な場所で発生する結露にもガイナは周辺温度変化に適応する特性を持っているので塗装面が室温に合わせて同じ温度に近づき結露の発生を抑制する効果を発揮します。また、ガイナは国土交通省の不燃認定を受けている建築材料です。(認定番号:NM-1194/1904(共に金属板除く)不燃性能に関して政令で定める技術水準に適合する建築材料には不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3ランクがありますが、ガイナは最上位にあたる不燃材料としての認定を受けています。

 

4.広がるガイナの可能性
 

ガイナは平成17年にJAXAとライセンス契約を結びロケットの技術を応用してできた塗料ということは有名な話ですが、他にも最近では那覇空港の貨物ターミナルの屋根や外壁塗装での採用、高速道路の防霧ネットのコーティングとして使われることが決定しています。ガイナを高速道路の防霧ネットに塗布すると早期に霧が水滴化され防霧効果が極めて高いそうです。また変わったところでは靴の中敷きへ練りこみで使われるケースもあるそうで、地面から伝わる熱を和らげる効果が期待され、靴の付加価値機能の1つとして注目されています。

 

5.まとめ

 
 ガイナの持つ遮熱、断熱、騒音防止、結露防止、空気質改善等の様々な効果は外壁・屋根の塗装だけにとどまらず需要が一段と広がっています。環境に優しい水性塗料ということもあり、これからは皆さんが外装リフォームにガイナを選択することでヒートアイランド現象の抑制に一働きしてくれるかもしれません。お住まいの外装リフォームに遮熱塗料を採用することは地球にとって小さな一歩かもしれませんが、住まいをリフォームする皆さんの生活環境の改善には大きな一歩となることでしょう。


 
まずは相談という方はこちらへ 築何年が塗替え時期?塗料についてなど、お気軽にお問い合わせください。
見積もり・プランニング無料 お見積もり・ご相談
じっくり検討したい方へ 資料請求